ドーダンタスでGO!!

3児の父がやってる雑記録。スポーツ、健康、子育て、旅行、ニュースなどなど気になることまとめていきます!

LINE Payとメルペイが業務提携!両社のサービスについて簡単にまとめてみた!

LINE Payとメルペイは3月27日、キャッシュレス普及に向けた業務提携に基本合意したことを発表。2019年初夏をめどに両社のコード決済加盟店を相互開放する他、「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮)」(以下「MPA」)を設立。他の事業者にも参加を呼びかけ、加盟店の相互開放を推進する。

headlines.yahoo.co.jp

3/27 ITmedia Mobileより引用

 

最近、キャッシュレス決済という言葉をよく耳にするようになりました。

日本は、現金での決済割合がまだまだ多く、キャッシュレスが普及されているとは言い難い状況です。

 

北欧や中国では、キャッシュレス化が進んでおり、日本は遅れを取っている様です。

その現状を打破しようと、LINE Payとメルペイが業務提携を発表しました!

両社の加盟店が相互開放されるため、両サービスのユーザーがどちらも利用できることになるということですね。

 

QRコード決済は、各社それぞれ別々のサービスを展開しているため、使える店舗などが異なるといったユーザー側のデメリットがありました。これは店舗側も同様に課題として捉えられているようです。

 

その課題を解決するために、サービスを提供する事業者間での連携が始まっています。

 

 LINE Payのサービス

LINE Payカードによる支払い

JCB加盟店の約3300万店舗で使えるようです。

これは、LINE PayカードのブランドがJCBのため、これだけの店舗で使えます。

 

カードを持っていれば、こんなに広く使えるんですね!

基本的にカード決済ができる店舗では使えそうです。

 

LINE Pay QRコード決済による支払い

最近広がりをみせているQRコード決済ですが、LINE Payでは90店舗以上(2019年3月現在)で使えます

 

コンビニ、カフェ、居酒屋、本屋、洋服屋などなど多岐に渡ります。

 

以下、主な対象店舗(詳しくはLINE Pay公式HPにて確認してください)

 

などなど…

 

使える店舗は限られますが、今後メルペイとの相互解放で増えますね!

また、QRコード決済は、ポイントの還元率が高かったりするので、ポイントを貯めている人にはメリットのあるサービスです。

 

LINE Payのオンライン決済による支払い

オンラインの決済では、15店舗(2019年3月現在)で使用可能です。

 

以下、対象店舗(詳細は公式LINE Payサイトにて確認してください)

 

結構オンラインでも活用できる店舗はありますね!こちらも今度広がっていくでしょう。

 

LINE Payの請求書による支払い

請求書での支払いに対応しているのは、52店舗(2019年3月現在)となります。

意外と多いのは、電気、水道、生命保険の支払いが可能だということです。

 

以下、主な対象店舗(詳細は公式LINE Payサイトにて確認してください)

 

などなど…

 

こう見てみると、LINE Payのサービスは広がっており、使い方次第ではかなりお得に使えるそうです!

 

メルペイのサービス

LINE Payと事業提携するメルペイはどうでしょうか?

 実は、LINE Payとは異なり、現状ではQRコード決済サービスに限られます。

しかし、使える場所がかなり広いのが特長です!

 QRコード決済による支払い

メルペイは2019年2月にQRコード決済を導入したばかりですが、使用可能店舗はかなり広いです!

コンビニ、家電量販店やスーパー、飲食店・居酒屋、アパレル、ガソリンスタンドなど多岐に渡ります!

 

今の所、合計で約90万箇所で使用できるのがかなりの強みでしょうね!

 

なぜ、こんなにも多くの店舗で使用できるのかというと、『iD』に対応しているからです。

 

iDが使える=メルペイが使用可能

よく色々なところで見かける『iD』ですが、これって何かというと、ドコモの電子マネーなんです。

QRコード決済の場合は、自身のアプリのQRコードを店員さんにスキャンしてもらう必要がありますが、『iD』の場合はその必要はありません。

スマホやカードをリーダーにかざすだけで決済が完了します。

 

いわゆる交通系電子マネーSuicaPASMOと同じ感じですね。

 

このドコモの電子マネーである、『iD』のマークがあるところは、メルペイが使えるということを覚えておくと分かりやすいです!

そう考えると、メルペイはかなり広く使えるということになりますね。これはかなりの強みです。 

 

まとめ

今回、LINE Payとメルペイの事業提携が発表され、今後ますますキャッシュレスへの注目が高くなりそうです。

しかし、現状ではまだ現金派の方が圧倒的多数を占めています。

 

その理由の1つに、サービスを提供している企業ごとに使えるサービスや店舗が異なり、どれを使えば良いのか分からないという現状があります。

 

可能な限りお得で、使用範囲が広いサービスを考えると、LINE Payとメルペイの提携はとても興味深く、多くのユーザーにとってメリットがあるでしょう。

 

今初夏のサービス開始が待ち遠しいですね!